読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長戸大幸 音源

長戸大幸の音源ファン

長戸大幸 ⑨ プロデュース

f:id:musicdaisuki1990:20160316155731j:plain

OOMは

望月さんの力強いヴォーカルを

 

打ち出すべく

 

リスペクトしていた

 

米国のラモーンズ(Ramones)等

 

パンク系のサウンドに傾倒していきまし た。

 

大賀さんの作曲は

 

あえて音域も広くない

メロディラインにする事で

 

彼女のパワーを最大限に活かしました。

 

CDデビューは

2005年11月の1stミ ニアルバム「REVOLVER」

ですが

 

それ以前から

 

オリジナル作品

カバー曲を交えたライヴを重ねて

楽曲披露してリリースまでに

 

改良していくという

正にバンドらしい柔軟な

制作方針を貫きました。

 

長戸大幸 (9) 終わり

長戸大幸 (10) へ

長戸大幸 ⑧ プロデュース

f:id:musicdaisuki1990:20150527165106j:plain

大楠さんも

 

同様に結成までに

 

ZARD

愛内里菜さん

三枝夕夏IN db

 

を始め様々な

アーティストのライヴやレコーディングに参加

 

また

 

hillsパン工場の初期に開催されていた

 

THURSDAY LIVE(洋楽カバー中心)

 

に多数出演する等

 

様々なジャンルにも

 

取り組んできました。

 

長戸大幸 (8) 終わり

長戸大幸 (9) へ

長戸大幸 まる ⑦ プロデュース

2004年に結成した

OOM(ウーム) (2009年に活動休止)は

 

大賀好修さん(Gt.)を中心に

大楠雄蔵さん(Key.)

望月美玖さん(Vo.)の3人編成。

 

大賀さんは

結成までに95年 から開始した

 

Rumble Fish、Steel and Glassやnothin’ but love

としての活動や

 

ZARD

倉木麻衣さん

愛内里菜さん

稲葉浩志さん(B’z)を

 

始め様々なアーティストの

ライヴや

レコーディングに

ギタリスト やアレンジャーとして

参加してきました。

 

長戸大幸 ⑦ 終わり

長戸大幸 8 へ

長戸大幸 ⑥ プロデュース

f:id:musicdaisuki1990:20150527165152j:plain

松永さんがリスペクトしており

 

実際に声や雰囲気を活かしやすい

ジャンルでもありました。

 

特に最新作の『switch』は

多数のライヴ活動や作品作りをしてきた

 

彼らの

 

作品力

サウンド

ジャケット等

 

音楽の魅力の集大成になっています。


ちなみにスウェーデン

 

音楽輸出国として知られており

 

様々なジャンルにおいて良質な音楽を輩出してきました。

 

70年代にアバ(ABBA)が

 

米国を始め世 界中で大ヒット

80年代には

 

様々な北欧メタルのバンド

後半にはロクセット(Roxette)

 

90年代には

 

エイス・オブ・ベイス(Ace of Base)が

 

音楽シーンを席巻しています。

 

長戸大幸 ⑤ 終わり

長戸大幸 ⑥ へ

長戸大幸 ⑤ プロデュース

f:id:musicdaisuki1990:20150527165106j:plain

また麻井寛史さん(Ba.)と

 

共に愛内里菜さんのライヴサポートには

 

初期の段階から参加していました。

 

その麻井さんは、愛内さんデビューの

 

前年に開催され たZARD

 

船上ライヴにも

 

21歳で出演する等

経験を積んできました。

 

レコーディング等のエンジニア

 

岡田達也さんは亀井さん

 

麻井さんと共に音楽制作

をしてきました。


the★tambourines

 

スウェディッシュサウンド

(90年代半ばにスウェーデントーレ・ヨハンソンがプロデュースしたThe Cardigansが元祖)

 

に傾倒したサウンド作りをしました。

 

長戸大幸 ④ 終わり

長戸大幸 ⑤ へ

長戸大幸 ④ プロデュース

f:id:musicdaisuki1990:20160316155731j:plain

また麻井寛史さん(Ba.)と

 

共に愛内里菜さんの

 

ライヴサポートには

 

初期の段階から参加していました。

 

その麻井さんは、愛内さんデビューの

 

前年に開催され たZARD

 

船上ライヴにも21歳で出演する等

経験を積んできました。

 

レコーディング等のエンジニア

岡田達也さんは亀井さん

麻井さんと

 

共に音楽制作 をしてきました。


the★tambourines

 

スウェディッシュサウンド

(90年代半ばにスウェーデントーレ・ヨハンソンがプロデュースしたThe Cardigansが元祖)

に傾倒したサウンド作りをしました。

 

松永さんがリスペクトしており

 

実際に声や雰囲気を活かしやすいジャンルでもありました。

 

特に最新作の『switch』は

 

多数のライヴ活動や作品作りを

してきた彼らの作品力

 

サウンド、ジャケット等

音楽の魅力の集大成になっています。

 

長戸大幸 ④ 終わり

長戸大幸 ⑤へ

長戸大幸 ③ プロデュース

f:id:musicdaisuki1990:20150527165106j:plain

さて今世紀に入ってからも

 

”専門店”

 

のバンドがデビューして

音楽シーンに爪痕を残してきました。

 

今回ご紹介するバンドは2つです。

 

まず2001年4月「easy game」で

デビューした

the★tambourines(2009年に活動休止) 。

 

松永安未さん(Vo.)中心の4人組のバンド。

 

松永さんは

 

バンドの全作品の作詞を担当

シングルの表題曲以外の作曲も手がけています。

 

ファッション・センスも卓越していました。

 

結成前から亀井俊和さん(Dr.)は

 

様々なアーティストの

 

ライヴサポートや

GARNET CROWの「二人のロケット」の

 

レコーディング等に参加していました。

 

長戸大幸 ③ 終わり

長戸大幸 ④へ